薬剤師求人情報の増加

薬剤師求人情報の増加

最近薬剤師求人情報をよく街頭で見かけます。一番目にする事が多いのが、ドラッグストアだと思います。ドラッグストアの中には調剤薬局が併設されている所も多いですし、必ず薬剤師の資格を必要としています。

 

薬剤師になる為には、薬学部や薬科大学で6年間勉強をし卒業後、薬剤師の国家試験を合格しなければなりません。そしてもちろん薬学部の学生も就職活動があります。

 

学生のうちに病院や調剤薬局など色々な場所に実習に行き、自分の進路を考える事ができます。最も早い時期に薬剤師求人情報が出て締め切るのが、メーカーのMRと言われています。

 

MRというのは製薬会社で自社の薬のプロモーションをする仕事です。自社の薬の情報を医師に正確に伝えたり、自社の薬についての問い合わせを受けたりします。

 

夕方に大病院に行くとスーツ姿で入館証をつけた人が多くみられますが、MRの方が話をする為に医師の診察後を待っているという光景です。

 

男性薬剤師と女性薬剤師とで働き方も違うと思いますが、MRは男性が多い様に思われ、病院に勤めている病院薬剤師の方は女性が多い様に思われます。

 

病院薬剤師は外来患者や入院患者の薬の調剤をし、患者に薬の効能や副作用などを説明したりします。この様に薬剤師の求人が幅広いのには薬剤師が今大変必要とされている背景があります。

 

これからの時代、入院日数の減少と共に薬での治療が益々増えてきます。同時にこれから先も薬剤師求人情報は目にする機会が増えていきそうです。